台風

筑後川の水位は?ライブカメラの映像や氾濫注意も!


台風10号が発生し、これから日本に接近して公共交通機関や各所に影響を与えることが予想されます。

そして台風10号の進路予想を見たところ、筑後川付近まで接近することが予想され、付近の住民の方は注意が必要です。

そこで今回は台風10号の影響により筑後川の水位がどうなっているのか、そして筑後川のライブカメラの映像をお伝えしていきます。

筑後川が氾濫するとなると被害は甚大になり、多くの方へ影響を及ぼすことは間違いありません。

そのためにも、できるだけリアルタイムに筑後川の水位情報などを察知し、場合によっては非難をも必要となります。

台風10号に備えて各情報をできるだけ早く得られるようにしておきましょう。

この記事でわかること

・筑後川の現在の氾濫状況(気象庁の公式Twitterより)
・筑後川の現在の水位
・筑後川の世間の声
・筑後川のライブカメラ
・水害に備えて準備した方が良いもの
・水害には保険もチェック

Sponserd Links

筑後川の現在の氾濫状況は?

ここではまず筑後川の現在の氾濫状況についてお届けします。

現在における氾濫状況に関しまして、気象庁の発表は公式ツイッターよりご参考ください。

気象庁は、河川名と以下の表の危険度のレベルに応じた情報名とを組み合わせて指定河川洪水予報を発表します。
その指定河川洪水予報の発表基準と発表された場合にとるべき対応は、以下の図の通りとなります。



出典:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/flood.html

尚、各情報をもとにとるべき行動と、相当する警戒レベルは下記となります。

情報 取るべき行動 警戒レベル
氾濫発生情報 災害がすでに発生している状況です。
命を守るための最善の行動を取ってください
警戒レベル5相当
氾濫危険情報 地元の自治体からの避難勧告の発令に留意するとともに、
避難勧告が発令されていなくても自ら非難の判断をしてください。
警戒レベル4相当
氾濫警戒情報 自治体からの非難準備や高齢者等避難開始の発令に注意するとともに、
高齢者の方は自ら非難の判断をしてください
警戒レベル3相当
氾濫注意情報 ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、
避難経路を確認してください
警戒レベル2相当

上記の気象庁のTwitterからの情報により、指定河川洪水予報の警戒レベルに該当する場合は直ちに命を守る行動を取るようにしてください。

尚、気象庁全体の情報に関しては下記の公式ホームページをご参考ください。


気象庁公式ページ

台風10号で筑後川の水位は?

ここでは台風10号の影響を踏まえて、筑後川の水位情報をお伝えしていきます。

『避難判断水位』に達した場合は、一定時間後に氾濫の危険がある状態ですので、避難情報を確認してください!

非難発令情報における各区域の基準は下記のようになっています。

警戒区域 設定した区域への立ち入りを制限、禁止またはその区域から退去を命ずるものです。
従わない場合、罰金または拘留の罰則が科せられます。
避難指示 避難指示(緊急)。人的被害の危険性が非常に高い状況です。
直ちに避難しましょう。外出することでかえって命に危険が及ぶ状況では、
自宅内のより安全な場所に避難しましょう。
避難勧告 避難場所などの安全なところへ速やかに避難しましょう。
非難準備 避難準備・高齢者等避難開始。いつでも避難できるよう、
非常用持ち出し品を用意し家族や近所の人と連絡を取るなどの準備をしましょう。
避難に時間を要する人は避難を開始しましょう。

全国の避難発令情報に関しては、こちらより情報が閲覧できます。


全国非難発令情報

また、洪水予報発表基準については下記のようになっています。

氾濫発生 河川の氾濫(はんらん)が発生。命を守る行動を。
氾濫危険 いつ氾濫してもおかしくない状態。身の安全を確保してください。
氾濫警戒 一定時間後に氾濫の危険がある状態。避難情報を確認してください。
氾濫注意 河川の水位上昇が見込まれる状態。最新情報に注意してください。

基準水位については下記のようになります。

氾濫危険水位 いつ氾濫してもおかしくない状態。身の安全を確保してください。
避難判断水位 一定時間後に氾濫の危険がある状態。避難情報を確認してください。
氾濫注意水位 河川の水位上昇が見込まれる状態。最新情報に注意してください。

上記の水位基準に該当する場合は、指示に従い身を守る行動をしてください。

筑後川の水位情報は下記より確認できます。


筑後川の水位情報

また、全国の河川水位はこちらから確認することができます。


全国河川水位

台風10号で筑後川のライブカメラは?

ここでは筑後川の氾濫状況をリアルタイムに見るためにライブカメラの映像を見てみましょう。

こちらよりライブカメラでリアルな筑後川の様子を見ることができます。


筑後川(久留米市下ノ瀬)のライブカメラ映像

筑後川(片ノ瀬出張所)のライブカメラ映像

このように定点を映しているライブカメラの存在は本当に助かりますよね。

万が一、ライブカメラに映る筑後川の水位がヤバイことになっているようであれば、避難発令情報に則った行動を取るようにしてください!

筑後川の世間の声も!

ここでは台風10号とは関係ない内容もありますが、筑後川に関する世間の声をまとめておきます。


Sponserd Links

水害に備えて準備した方が良いもの

浸水危険区域にお住まいの方は特に、水害に備えての準備は必要不可欠です。

例え数十年もの間、水害が起きていない区域だったとしても、備えはしておいて損はありません。

防災セットに関しては水害の他、地震の場合にも兼ねることができます。

防災セットとして一般的なものを下記に記載しておきますので、もしもの場合に備えて少しずつ準備しておくことをおすすめします。

石鹸 身体や衣類だけでなく食器類にも使えますし、衛生面を考えて常備しておきたい
歯ブラシ 日常生活に不可欠ですね
マスク 風邪やウィルス感染の予防だけでなく、集団生活には必須です
生理用品 女性には必要不可欠でしょう
オムツ 赤ちゃんのいる家庭には必要不可欠です。赤ちゃん以外でも簡易トイレとして使用できるので便利
非常食 缶詰や乾パン、インスタント麺などは災害時の食料といて常備しておきたい
ペットボトルの水 水は必要不可欠です。飲用の他、傷口洗浄にも使えます
ビニール袋 緊急時には袋は非常に助かるものです。予備もたくさん用意しておきたいところです。
ツールナイフ 缶切りやナイフなど、緊急時のツールとしては持っておきたい
救急薬品 絆創膏や消毒液など怪我に対策の他、胃薬や頭痛鎮痛剤なども常備しておきたい
ウェットティッシュ 災害時にはなかなかお風呂に入ることができないので、身体を拭いたり、アルコール入りは除菌など常備しておきたい
携帯トイレ トイレが使用できない場合に備えて簡易トイレも何個か持っておきたい

私も家族の人数分の地震と水害に備えて防災セットを準備しました。
飲料は定期的に入れ替えをする必要がありますが、このような防災セットを玄関付近に置いておくことをおすすめします。

Sponserd Links

水害には保険もチェック

もしも川の氾濫だけでなく、台風による大雨や暴風によって家に被害を被ることに備え、保険に関しても見直しておくことをおすすめします。

一戸建てにお住まいの方であれば、普通は火災保険に加入していると思います。

水害に関しては、火災保険に付随するオプションとなっていることがほとんどです。

でも、「水害」「強風による被害」「浸水による家財」など、どのようなオプションになっているのか今一度確認することをおすすめします。
(強風による被害は保証されても、水害が保証されていない場合もあったりするので注意が必要)

このような火災保険に関しては、一括査定なども行っています。

ウチも家を購入する際に言われるがままに加入した火災保険よりも、一括査定で見積もって火災保険を乗り換えることで数万円も節約することができました。

私と同じように言われるがままに火災保険に加入したという方は、一度、無料一括見積で保険を見比べてみることをおすすめします

火災保険の見直しで家計を節約

Sponserd Links

まとめ

RX-BEST,まとめ

今回は台風10号の影響による筑後川の水位状況やライブカメラの映像などの情報をお届けしました。

例年、台風により各所で川の氾濫や土砂崩れで甚大な被害を受けています。

筑後川に関しても、台風による影響で氾濫の危機となる可能性もゼロではありません!

台風の進路や強さの報道をマメに情報収集し、筑後川近辺にお住いの方であれば水位状況やライブカメラの映像なども定期的に確認することをおすすめします。

また、自治体からの非難発令情報に関しては常に気を配り、万が一の時には指示に従って身を守る行動をするようにしましょう。

夏の季節は次から次と台風が表れては各所に影響を及ぼします。

万が一に備えて、防災グッズなどに関しても最低限のものは常備しておくことをおすすめします。

私も地震と水害に備えて家族分の防災セットを購入して万が一に備えています。

定期的に飲料水や食料を補充する必要はありますが、そういった普段からの備えがあるからこそ家族の身を守ることが出来ます。

水害が地震に備え、日ごろから防災の準備とニュースには気を配るようにしておきましょう。

以上、「筑後川の水位は?ライブカメラの映像や氾濫注意も!」でした。